HOMEホーム

貧困国の子供たちは「夢」を持ち、「豊かな心」をもっています。
しかし、「お金」を持っていないのです。

逆に私たち日本人はどうでしょうか?

私たちは「お金」を持ってはいますが、「夢」を持たず、「心は貧しい」が多いのではないのでしょうか?

九州財団は現地に赴き、この現状を痛感し、「支援」を始めました。
「支援」はこちらからしているのではありません。
しかし、支援という言葉が独り歩きしていることに気づき、私たちが元気をもらっている事に気づきました。

私たちこそ、貧困国の子供たちの「夢」に触れ「私たちが勇気をもらっている」という気持ちで支援に臨んでいます。

ベトナム支援について >

ボランティア支援事業方針 >

2018年6月1日より開始した支援事業
社会復帰を目指す方並びに生活困窮者への医療費助成事業 >

ベトナムの子供たちに明るい未来を。
地域に始まり、国境を越えてたくさんの人々と喜びを分かち合い、明るい未来を創造する為の活動を続けています。
ベトナムの子供たちに明るい未来を。
地域に始まり、国境を越えてたくさんの人々と喜びを分かち合い、明るい未来を創造する為の活動を続けています。

 

 

 

お問合せフォームを新設しました。

ホームページのリニューアルに伴い、お問合 ...
続きを読む

九州財団のHPがリニューアルしました。

スマートホンからの閲覧増加に伴い、HPを ...
続きを読む
 

 

 

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】
タイトル【必須】
ご質問内容【必須】

※スパム送信防止の為、お手数ですが表示されている英数字を入力して送信お願い致します。
captcha